ウコンは脂肪の増加抑制やコレステロールを低下させ、二日酔いの予防やダイエット効果が期待できます

cc_172

ウコンは熱帯アジアに生息するショウガ科の多年草で、英語名はターメリックです。
胃の働きを活発にするため古くから使われており、ターメリックはカレーにも使われています。

主成分はクルクミンで、アルコールの分解を助けることができるため二日酔いを予防することもできるのです。
また、胆汁分泌のコントロールもできるため体質改善の効果が期待できます。
ウコンは、ダイエットに効果的な成分でもあるのです。

ウコンの二日酔いを予防する効果について

alcohol_034
ウコンにはいくつかの種類があり、その種類によって効能も変わってきます。
ウコンは二日酔いの予防や軽減の効果が期待できますが、もっともよく使われているものが秋ウコンです。
これは独特な香りと苦みがあり、鮮やかなオレンジ色をしているのが特徴です。

 

肝機能回復作用のあるクルクミン

ターメリックという香辛料としても使われ、クルクミンが豊富に含まれているということも大きな特徴になります。
ウコンのクルクミンは細胞分裂を抑制して肝機能を高めることができます。

クルクミンには肝臓機能を回復したり強化する作用があるので、二日酔いの予防や軽減にはぴったりと言えます。
クルクミンは体内に吸収されると、強力な抗酸化物質に変化し、体内の活性酸素を除去する働きがあります。
活性酸素が除去されることにより肌の老化の予防にもつながるので、様々な肌トラブルの改善にも役立ちます。

 

肝臓に効果的なウコンを飲むタイミング

ウコンが二日酔いに効果的だとわかっていても、飲むタイミングはいつなのかと悩む人も多いでしょう。
予防するためには飲酒をする前に摂取するのが効果的です。

実際には、いつ飲まなければならないという決まりはありません。
そのため飲酒後に飲む人、飲酒中に飲む人もいます。

しかし悪酔いや二日酔いを避けるためにも、飲酒前に飲んでおいた方がよいと言われています。
飲酒前に飲むことで、肝機能を上げることができるので、胆汁の分泌も良くなります。

飲んでいる状態であればアセトアルデヒドを分解し排出することができるので、効果があるといわれています。
そのためには飲酒する30分から1時間前には飲んでおきたいところです。

しかし飲酒後に飲んでも意味がないというわけではありません。
胃腸の調子を整える働きもあるので、飲酒後に飲むと肝臓だけでなく胃腸の調子も整えることができます

毎日のように飲酒が続き、肝臓や胃腸が弱っている人などは、飲酒前ではなく、あえて飲酒後に飲むことで回復を早めてくれるといえます。

ダイエットに効果的なウコンの効果

businessman_044

身体の中の脂肪は放置すると増えていき、脂肪細胞が増えると肥満になってしまいます。
ウコンに含まれるクルクミンは、脂肪細胞の分裂を抑えて脂肪の増加抑制ができるため、太りにくくすることが期待できるのです。

クルクミンは胆汁を増加させてコレステロールを低下する働きもあります。
胆汁の原料はコレステロールで、胆汁が多く分泌されるとコレステロールは多く使われてコレステロールを低下させることにつながるのです。

 

ドリンク、サプリメントで手軽に摂取

脂肪の増加抑制やコレステロールを低下させることでダイエットが期待できます。
ウコンの成分が含まれているものを摂取することでダイエットが期待できるため、手軽に始めることができます。

ウコンが配合されているものでは、ドリンクやサプリメントなどが手軽に摂取する方法です。
料理ではカレーがあります。

カレーにはターメリックとして配合されていることも多いですが、カレーを食べることで手軽に摂取することもできるというわけです。
たくあんの着色料としても使われています。

粉末状のサプリメントは苦みがあるので苦手に感じる場合もあるため、オブラートに包んで飲んだり、タブレットの形状のサプリやドリンクタイプを選ぶと良いです。

 

摂りすぎには注意!

ダイエットを期待するとはいっても1日の摂取量は2〜3gが目安なのでとり過ぎに注意することも大切なことです。
また肝臓に障害がある場合には肝臓に負担をかけることにつながるため控えることが必要です。
そのような場合は医師に相談の上、摂取することが必要です。

効果と価格を徹底比較!ウコンサプリ総合ランキング

▼ウコンサプリを選びたいなら♪▼ウコン>>ウコンサプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<