ウコンは二日酔いや脳出血予防のほか、ダイエット、美肌などの幅広い効果が期待できます。

prevention_170

ウコンとは、ショウガ科のウコン属に分類される多年草です。
クルクミンという成分が含まれており、肝機能を増進させる薬効があると言われています。
ウコンの効果は幅広く、利胆作用止血作用という特徴を備えています。

二日酔い予防や脳出血予防にウコンがよく使われるのはこのような特性があるからです。
また、血管を拡張する作用もあり、美肌にも良くダイエット効果も期待できます。

ウコンとは

health_057

ショウガの仲間に分類される植物で、根茎の部分を様々な用途で使います。
ショウガ科に属している影響もあり、実際の見た目はショウガとよく似ています。
しかし、色彩には明確な違いがあります。

生薬名の通りで、黄金色の色彩が特徴的になることから、草木染めの材料として使われることも珍しくありません。
英語ではターメリックと呼ばれ、料理で使うスパイスとしても同時に有名です。

 

ウコンの生産地と種類について

ショウガ科の植物は温暖な気候を好み、生産地はアジアの熱帯地域が中心です。
夏場の暑さが非常に厳しいインドでは、カレーの材料として欠かせないものです。
カレーの黄金色はウコンによって引き出され、全体的な見た目を大きく変えています。

ウコンは、非常に多くの種類を有することが特徴の植物でもあります。
種類の中では季節名を冠するものが多く、春ウコンや夏ウコンなどの分類もあります。

成分もそれぞれに違うもので、生産地の気候や土壌に順応した形になっています。
食材として使われるウコンは秋ウコンと呼ばれ、生薬名は鬱金といいます。

 

ウコンは肝機能を増進させる効果がある

ウコンは、クルクミンという成分によって成り立っています。
具体的には、クルクミンによって肝臓の働きを良くしながら、アルコールによる影響を軽減させるという機能を備えています。

こうした特性があるために、ウコンは二日酔い対策のための栄養ドリンクの原料としても重宝されています。
飲み過ぎが気になる時期には、シジミとウコンを同時に食べることもあります。

漢方的には消炎の作用もあるとされるため、中黄膏の原料としても選ばれています。
中黄膏は、古くは江戸時代から使われています。

中黄膏は、捻挫や打ち身、できはじめの急性化膿性の皮膚疾患に効果があるとされています。

 

スパイシーな香りが食欲をそそる

ウコンは、良い香りで胃腸の働きを促進させる生薬としても分類できます。
清々しい芳香によって胃液の分泌が促進されて、食欲を増進させる仕組みになっているのです。

スパイシーな料理にウコンが入っていると、芳香による刺激で食欲が増進することは、多くの人が経験していることです。
カレー料理だけでなく、炒め物や浅漬けに加える場合でも独特な芳香が加わって、
複雑な美味しさが作られることも特徴となります。

 

ウコンの利胆作用とは

illness_127

ウコンの有効成分はアルコールによって増えるアセトアルデヒドを分解しながら、
体への負担を大幅に軽減させてくれます。
利胆の作用は胆汁を分泌させることで、脂肪の吸収や消化を促進します。

そのために、忘年会の時期にお酒と脂っこい料理ばかりを食べる人にとっても役立つことになるわけです。

 

ウコンの健胃作用とは

脳出血予防などの作用については、止血の効果と関連するものです。
胃腸に対しては芳香性の健胃作用が働くことが重要です。

夏バテなどの影響で食欲が減退してしまっているときには、
カレーうどんなどを食べることは理にかなっています。

 

芳香性と利胆作用の関係

ウコンの芳香が胃腸の働きを刺激すると、利胆作用も同時に働くことになるわけです。
香りによって、有益に利胆作用が働くことになります。

二日酔いなどのの予防は、ウコンを日常的に使うことで達成できるものです。
常に摂るためには、料理の種類を増やしながら、飽きないための工夫をすると良いでしょう。

 

美肌に効果のあるウコンの働き

ウコンには血管を拡張する作用もあることから、美肌にとっても良い働きがあると考えられています。
脂肪を速やかに分解しながら、血液の流れも促進します。

美肌に必要な要素を内側から作ることができることは、女性にとっては嬉しいものです。
さらにウコンには、クルクミンという抗酸化に必要な成分も含まれています。
美肌に対する効果が相乗的になるということも、ウコンの魅力です。

 

脂肪の吸収を助ける効果がある

ウコンには脂肪の吸収を助ける効果があることから、ダイエットを目的にして使うこともできます。
しかしながら、生薬としての分類では寒性になります.

身体を冷やさないためにも、温性の材料と合わせて使うことも大切です。

カレーに加える場合には、ウコンと一緒に唐辛子やショウガなども加えましょう。
そうすることで、身体の冷やし過ぎを予防できるのです。

カレー料理をダイエットで頻繁に食べる場合には、
発汗によって新陳代謝を促進させることが可能となります。

 

ウコンを食事で摂取する方法

health_314

ウコンは辛味と苦味が特徴になる味わいで、鮮烈な芳香も有しています。
料理で使えば風味の良さも際立つことになります。

この特性を活かすために、野菜や魚介類と合わせて調理する場合でも、本来の風味を損なわずに楽しめるようになります。

ウコン摂るために、各種のスパイスを混合させる状態にすることは、世界中で行われています。
カレー粉の中では色素や芳香を作るための主要原料になりますが、
独立した形で合わせる場合も珍しくありません。

 

ウコンはいろんな料理に合わせられます

インドでは各家庭でスパイスを混合しながら、色彩も豊かなウコンを加える
伝統があります。
ベジタリアン料理によく用いられ、特に豆料理では欠かせないスパイスです。

日本の家庭であればカレー粉からの摂取方法が簡単です。
カレーにするだけではなく、野菜や魚のソテー用いたり、フライ類の衣に入れると良いです。

スープのような汁物料理で使う際には、和食に欠かせない味噌や醤油を一緒にする場合でも、辛味や芳香が上手に調和します。
こうした特徴は、カレーうどんの材料として使う場合でも十分に発揮します。

 

二日酔い対策になる摂取方法

ウコンをアサリなどの魚介類と合わせる形にして、クルクミンや亜鉛が豊富な状態にすることがあります。
強い辛味はスープの中に牛乳や生クリームを加えることで穏やかになり、
肝臓を保護するためのタンパク質も同時に増えていきます。

このような料理はお酒と一緒に利用することによって、二日酔いの対策となります。
同時に芳香性の健胃作用を引き出すための要素も十分にあることから、食欲が減退して元気が十分に発揮できない場合にも役立つ方法です。

 

サプリメントでウコンを補う

ウコンの摂取方法としては、足りない分をサプリメントから補う方法も人気となっています。
この場合には肝臓を保護することを目的にするために、アミノ酸の一種のタウリンが同時に配合されることがあります。

ウコンが配合されているサプリメントは持ち運びがしやすいために、飲み会が連続する時期には重宝されています。
基本的には年間を通じて役立つだけの機能を十分に備えています。

 

ウコンの過剰摂取の危険性と副作用とは

health_008

ウコンといえば、二日酔いを防いだり、動脈硬化やガン予防にも効果があるといわれています。
しかし、どんなに健康に良いものでも、正しく摂取しないと悪影響及ぼす可能性もあります。

ウコンを正しく効果的に取るために、摂取を控えるときや、どんな副作用があるのかを知る必要があります。

 

ウコンの摂取を控えるべき方

脂肪肝や肝炎、肝硬変、肝ガンなどをもっている肝機能障害の人は、ウコン摂取を避けなければいけません。
これは、ウコンに多く含まれている鉄分が原因です。

C型肝炎や非アルコール性脂肪性肝炎にかかっている人は、肝臓に鉄分がたまりやすいのです。
さらにウコン摂取で大量に肝臓に鉄分がたまると、酸化してしまい、肝炎をさらに悪化させてしまいます。

 

妊娠中は胎児に悪影響を及ぼす危険があります。

妊娠中も摂取は避けた方がよいといわれています。
これは、ウコンがもっている老廃物の排出効果が、流産の危険性を高めてしまうからです。

内臓の筋肉を強くして、活発に収縮させる働きがあり、胎児を異物だと認識してしまい、老廃物として排出するよう働く危険性があります。

もちこん過剰摂取しなければ流産するほどのことはないと考えられます。
妊娠中に負担をかけないようにするためにも、妊娠中の摂取は控えましょう。

 

ウコンの副作用について

過剰摂取長期摂取によって、副作用も懸念されます。
健康な人であれば、少しくらい摂りすぎたとしても、深刻な副作用を招くことはありません。

肝臓に何らかの疾患をもっている人が過剰に摂取してしまうと、劇症化してしまい、亡くなってしまうケースもあります。

 

クルクミンの過剰摂取に注意しましょう。

ウコンに含まれているクルクミンには、胆汁の分泌を促進する効果があり、刺激となってしまう可能性があります。
血栓塞栓症治療などで、血液をさらさらにする薬を服用している場合には、効果が正しく発揮されなくなる可能性もあります。
治療を受けている場合には、主治医に相談したうえで、適切な指示の元利用することが大事です。

気になる適切な摂取量ですが、食品として口にする分には、大きな副作用の心配はいりません。
サプリメントで摂取する際には、クルクミンの過剰摂取に注意が必要です。